WordPress初心者

SEOでも大切なWordPressのパーマリンク設定

投稿日:

さっそくですが、「パーマリンク」というものをご存知でしょうか?
WordPressでサイトを運営する場合、すごく大切になってくるものです。

このパーマリンク設定ですが、「どのように設定すると良いのか」と様々なところで議論されています。
そこで今回は、パーマリンクの理想形について例を出しながら話していきたいと思います。

パーマリンクとは

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。パーマリンク(Permalink)は、恒久・不変を意味する「パーマネント」(permanent)と「リンク」(link)が掛け合わされた造語である。

引用:IT用語辞典バイナリ

つまり「ページ毎のURL」のことを言います。
分かりやすいようにレンサバヒカQで説明すると、

パーマリンクの例-レンサバヒカQ

この場合、「rensabahikaku.net」以下の「/blog/sixcore-tennsoryo-up/」がパーマリンクになります。
そして、この部分はパーマリンク設定によって表示を変えることができます。

理想的なパーマリンク

さて、パーマリンクというものがどんなものなのか分かったところで、理想のパーマリンクに話を移しましょう。

ちなみに、WordPressはデフォルトの状態でもパーマリンク設定がされていて、そのまま利用することも可能です。しかしながら、それは理想形とは言えません
その理由も含めて話をしていきます。

WordPressのデフォルトパーマリンク

http://トップレベルドメイン/?p=記事番号

この場合の問題点として「記事毎にどんな内容が書かれているのか想像できない」ことがあげられます。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

引用:シンプルな URL 構造を維持する

このように、SEOの観点からもあまり良くないと考えられます。

コンテンツSEOのバス部の場合

http://トップレベルドメイン/記事タイトル

この設定は理想のパーマリンク設定の一つでもあります。

この場合のメリットは、先ほどの「論理的かつ人間が理解できる方法」であるとともに、カテゴリーの構造が変わったとしてもURLが変わらないことがあげられます。

次の例にも出てきますが、パーマリンクにカテゴリー名を含める場合、カテゴリーを変えると同時にURLも変わってしまいます。その場合、それぞれの記事についているソーシャルボタンの数字もリセットされてしまうというデメリットがあります。

バズ部

レンサバヒカQの場合

http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/記事タイトル/

この設定も理想のパーマリンク設定の一つですが、先ほど言ったようなデメリットがあります。
しかし、その反面でユーザビリティーに優れているというメリットもあります。

カテゴリー名がパーマリンクに含まれることでユーザーはどんな内容の記事を読んでいるかを瞬時に判断することができます。

理想的なパーマリンクが分かったところで、具体的な設定方法を説明します。

パーマリンクの設定方法

左の「設定⇒パーマリンク設定」へ進んでください。

パーマリンクから

パーマリンク設定画面

管理画面でカスタム構造にチェックを入れます。

http://トップレベルドメイン/%postname%

バズ部のような理想的なパーマリンクにする場合は、「/%postname%」を入力します。

http://トップレベルドメイン/%categoryname%/%postname%

レンサバヒカQのようなパーマリンクにする場合は、「/%categoryname%/%postname%」を入力します。

「%categoryname%」はどこで決まるのか?

カテゴリー設定の「slug」がパーマリンクに表示されます。

カテゴリー名の例

この場合、「テスト」というカテゴリー名で、URLの部分には「test」と表示されるようになります。

WordPressインストール時に設定すべき理由

このパーマリンクの設定ですが、基本的にはWordPressのインストール時に設定をしてそれ以降は変更しないことをおすすめします
というのも、パーマリンクを変更することでいくつか問題が発生するからです。

ソーシャルボタンの数字がリセットされる

Facebookやtwitter、はてなブックマークなどのソーシャルボタンを設置していて、ある程度拡散されていたとしても、URLが変わればそれらはすべてリセットされてしまいます。

シェアはそのパーマリンク(URL)をシェアしていることになるので、パーマリンクが変わればシェアされていないことになります。

SEOにも影響

検索結果に表示されるにはクローラーにページを見てもらいインデックスされる必要がありますが、インデックスもURL単位でされています。つまり、URLが変われば404エラーが表示されてしまうということです。
301リダイレクトすれば404エラーは回避できますが、被リンクなどのSEO効果はリセットされてしまいます。

リダイレクトする必要がある

パーマリンクを変更した場合、古いURLへのアクセスは新しいURLへリダイレクトする必要があります。そうでないと404エラーになってしまいます。

プラグインなどで実装することも可能ですが、手間がかかることは避けられません

まとめ

いかがでしたでしょうか。
WordPressを始めたばかりのころは「パーマリンクってなに?」って感じだと思いますが、最初に設定しておくことがすごく重要になります。

今回2つの理想形がありましたが、メリット・デメリットを見て最適だと思う方を設定してみてください。

-WordPress初心者

Copyright© レンサバヒカQ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.