WordPress初心者

WordPressのインストール方法

投稿日:

WordPressのインストールですが、最近のレンタルサーバーは簡単インストール機能がついているため、初心者の方でもインストールが出来るようになっています。
とはいっても、手動インストールの方法を知っていて損はないと思ったので、ここで説明しておきたいと思います。

簡単インストールでも手動インストールでも、インストールしてしまえば後の運用に差はありません。
簡単インストール機能があるのであればそちらの方が楽だとは思います。

用意するもの

  • レンタルサーバー
  • FTPソフト

今回、レンタルサーバーはチカッパ、FTPソフトはFFFTPを利用しています。

WordPressのダウンロード

まずは最新版のWordPressをダウンロードします。
WordPress公式サイトへアクセスしてください。

公式サイトのキャプチャ画像

ダウンロードボタンをクリック。
圧縮ファイル(zipファイル)としてダウンロードできます。

WordPressをレンタルサーバーにアップロード

次にアップロードしますが、その前に先ほどの圧縮ファイルを展開(解凍)する必要があります。

圧縮ファイルを開いて展開(解凍)してください。

ファイルの中身です。WordPressはこれらのファイル群から成り立っています。

早速アップロードしていきます。

ここではレンタルサーバー内で「wp」というフォルダを作成し、そこにWordPressファイルをアップロードしています。(フォルダ名は何でも構いません)
ファイル数が多くアップロードに時間がかかりますが、辛抱してください。
※一気にアップロードできない場合は数回に分けてアップロードすることをおすすめします。

右側にファイル群が生成されればアップロード完了です。

アップロードしたURLにアクセス

ブラウザで「examole.com/wp(example.comは例です)にアクセスします。

このような画面になると思うので、「さあ、始めましょう!」をクリックしてください。

この画面で必要事項を記入する必要があるのですが、実はまだ用意が出来ていません。
このサイト用にデータベースを作成する必要があるんです。

データベースの作成

今回はチカッパを例にデータベースを作成しますが、他のレンタルサーバーでも同じように作成が可能ですので安心してください。

管理画面にログインし「WEBツール⇒データベース」へ進みます。
簡単インストールという項目もチラッと見えますが、見なかったことにしましょう(笑)

次に「作成」をクリック。

データベースの情報を入力します。
接続パスワードは忘れないようにメモっておいてください。

これが作成したデータベースの情報です。
この情報と先ほどのパスワードを使います。

再度WordPressの画面に戻りデータベースの情報を入れてください。
入れ終わったら「送信」をクリック。

ここまでうまくいっていればこの画面が表示されるので、「インストール」してください。

WordPressのインストール

ここからはインストールの作業です。

インストールに必要な「ユーザー名」や「パスワード」などすべての項目を埋めてください。
その際、サイト制作が終わるまでは検索エンジンのインデックスは必要ないので、「プライバシー」のチェックは外しておくと良いでしょう。

おめでとうございます!
WordPressのインストールが成功しました。後はログインするだけですね。

先ほど設定したユーザー名とパスワードを入れてログインしてください。

ログインに成功すれば「ダッシュボード」と言われる管理画面が表示されます。

まとめ

WordPressの手動インストールは難しいと思われがちですが、やらなければいけないことはシンプルです。

  1. レンタルサーバーの契約
  2. FTPソフトのダウンロード
  3. WordPressのダウンロード
  4. WordPressのアップロード
  5. データベースの作成

これができれば後は必要項目を記入していくだけの作業になります。
簡単インストール機能があればそちらを使うことをおすすめしますが、ない場合に備えて手動インストールもできると良いでしょう。

-WordPress初心者

Copyright© レンサバヒカQ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.