アダルトサイト向け!レンタルサーバーランキング

ご存知の方も多いとは思いますが、日本でのアダルトサイトの運営には法律の規制があります。そのため、多くレンタルサーバーではアダルトサイトの運営を認めていません。
海外のレンタルサーバーは日本の法律規制が通用しないので、海外のレンタルサーバーを契約するという手段もないことはないですが、英語の管理画面なので分かりにくいものも多いですし、どうしても敷居が高くなってしまいます。

そこで今回は、日本語の管理画面で運用できるレンタルサーバーに焦点を絞ったうえで、アダルトサイトの運営が可能なレンタルサーバー会社をランキング形式にしてみました。
アダルトサイトの運営を考えている方は、是非参考にしてみてください。

FUTOKA

映えある第1位は『FUTOKA』です。
2位のKAGOYAと比較して驚いた方もいるかもしれませんが、FUTOKAは料金が高い割にディスク容量がそれほど大きくありません
初期費用・月額費用ともにKAGOYAよりも高く、ディスク容量は12分の1です。

では、なぜ1位なのか。
その答えは『転送量』に隠されています。

転送量はページの読み込みがされるたびに発生するのですが、FUTOKAはその転送量が無制限になっています。
従来のアダルトサイトは画像によるものが多かったようにも感じますが、現在はスマートフォンなどの普及により、専らアダルト動画のサイトが多くなりました。
動画は一回の転送量が大きく、転送量の制限や目安を超えると通信速度が遅くなってしまいます。

動画コンテンツというものに焦点をあててはいますが、今の時代に合ったサイトになりますし、FUTOKAはオススメできるレンタルサーバーですね。
私がアダルトサイトを運営するとしてもFUTOKAを利用すると思います。



初期費用 月額費用 容量 お試し期間
6,480円 2,138円 10GB 14日間無料
MySQL マルチドメイン サポート WP簡単インストール
無制限 10個 電話・メール対応 有り

FUTOKAの申し込みはこちら

KAGOYA

第1位の発表で言ってしまいましたが、2位は『KAGOYA』です。
KAGOYAは昔からあるサーバー会社でアダルトOKなので、知っている方もいるかもしれません。

FUTOKAに比べると料金も安くディスク容量が大きいことが特徴ではありますが、転送量に目安(※制限ではない)が設けられています。
あくまでも"目安"とされていますが、エントリープランで月40GBですので、アダルトサイトの運営には少し不安な数字だと感じています。

エロ画像を掲載するサイトの運営であればKAGOYAをオススメしますが、動画など転送量が大きいものであればFUTOKAをオススメします。



初期費用 月額費用 容量 お試し期間
3,240円 1,728円 120GB 14日間
MySQL マルチドメイン サポート WP簡単インストール
5GBまで 1個 電話・メール対応 なし

KAGOYA の申し込みはこちら

FC2レンタルサーバー

FC2と言えばアダルト動画というイメージが強いかもしれませんが、凄まじい知名度を会社になります。
レンタルサーバーには2つのプランが用意されているのですが、その一つにアダルトプランというものがあり、そのサーバーの場合アダルト系の運営が可能になります。
KAGOYAやFUTOKAに比べて料金が高い割にスペックも良くありません。転送量は無制限ですが、それであればFUTOKAの方が高スペックになります。
特別な事情がなければFUTOKAやKAGOYAを使用することをオススメします。

初期費用 月額費用 容量 お試し期間
7,000円 3,500円 10GB なし
MySQL マルチドメイン サポート WP簡単インストール
10個 10個 メール対応 有り

申し込みはこちら>>

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© レンサバヒカQ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.