レンタルサーバーの比較

安定性で勝負!CPI共用サーバーとロリポップビジネスプランを比較してみた

投稿日:

法人(ビジネス)向けのレンタルサーバーであるCPI共用サーバーロリポップビジネスプランですが、今回はその二つのレンタルサーバーを徹底比較したいと思います。

スペックを比較してみる

CPI共用サーバー ロリポップビジネスプラン
初期費用 21,600円(12か月契約で無料) 3,240円
月額費用 4,104円 2,160円
容量 無制限 400GB
MySQL 無制限 100個
マルチドメイン 無制限 無制限
転送量 50GB前後(目安) 無制限

この表を見てどのような感想を持つでしょうか?

  • CPI共用サーバーは高いなぁ
  • CPI共用サーバーはほとんど無制限なのか
  • ロリポップビジネスプランはコスパも良いんじゃないのか!?
  • 転送量無制限は魅力的だな

様々な感想をもつことと思います。
これだけ見るとどちらにも良し悪しがあり、決めるのが難しいと思うのですが、「ビジネスに使うレンタルサーバー」であることを忘れないでください。

ビジネスで使う以上、安定性や安心感が必要になります。
それはスペック的な安心感もあれば、提供会社への信頼や充実したサポートなどがあります。

ロリポップビジネスプランもかなり魅力的なレンタルサーバーではありますが、CPI共用サーバーはスペックもさることながら、KDDIグループとしての信頼感があります。
また、24時間365日の電話・メールサポートもあります。

ビジネスで使う以上、サーバーエラーなどが起こってはいけませんし、起こってしまった時の対応もしっかりとしなければいけません。そうした時に充実したサポートは助かりますし、トータルで見てCPI共用サーバーが良いのではないでしょうか。

まとめ

ビジネス(法人)で使用するのであれば、スペックを少し抑えてでも、信頼感や充実したサポートを求めるべきです。

「平日の9時から18時までサポート」というのはよくありますが、年中無休でサポートはあまりありません。その充実のサポートがCPI共用サーバーの魅力でもありますし、スペックも申し分ありません。

知人が利用しているのですが、分からないことがあればすぐ聞くことができるし、レスポンスも早くて助かると言っていました。

最近、CPI共用サーバーの利用者が増えているのも、そういったことが理由なのでしょう。

CPI共用サーバーの無料お試しはこちら

-レンタルサーバーの比較

Copyright© レンサバヒカQ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.