カラーミーショップ

カラーミーショップを各種プラン別に解説

更新日:



カラーミーショップは月額900円から利用できる大人気のショッピングカートサービスです。
カラーミーショップを使っている有名サイトでも多くのショップさんを紹介したように、比較的安いコストにも関わらず、しっかりと成果を出していることも安定した人気の秘訣だと思います。

さて、そんなカラーミーショップですが、各種プランによって利用できるサービス内容が大きく変わります。
ただコストがかからないからという理由だけでなく、それぞれの内容を比較検討したうえでサービスの契約をするべきでしょう。

今回は大きく変わるポイントだけをピックアップして、それぞれのプランの特徴を解説していきたいと思います。
その際、「ライト・スタンダード」「ギガ」「プラチナ(※)」に分けて解説させて頂きます。
※プラチナは大型店舗向けプランとして提供されています

ライト・スタンダード

ライトとスタンダードはあまり内容・料金に差異がなく、違いはアクセス解析のみになるためまとめて解説します。
さて、ライトとスタンダードの魅力は格安の月額料金にあります。ディスク容量や1商品あたりの画像枚数、フリーページ上限数はあまり多くないためその値段が実現できているのでしょう。

しかし、これは安かろう悪かろうではなく、個人や副業で敷居の低い所からスタートしてもらうためのプランです。
1商品あたりの画像枚数などは多いに越したことはありませんが、副業などで行う人はそれほど多くの写真を用意するための時間も体力もありません。
そのため、これだけの枚数でも問題なく運用していけるのです。

ライト・スタンダードはギガに比べると大幅に劣るように見えますが、運用にリソースを割けない人はこれぐらいの方が無理なくやっていけるのではないでしょうか。
また、ライト・スタンダードで事足りなくなったときには上位プランへの変更も可能ですので、そこで初めて検討してみれば問題ありません。

ギガ

ギガはライト・スタンダードに比べてビックリするほど変化があります。
分かりやすいように表でまとめたのでご覧ください。

ライト・スタンダード ギガ
料金 900円・1,332円~ 3,240円
ディスク容量 0.2GB 5GB
1商品あたりの
画像枚数
4枚 50枚
フリーページ上限数 10ページ 10,000ページ

見て分かるように、どの項目も大幅に増加しています。
特に、写真は商品訴求において非常に有効な手段となるので、この枚数の掲載が可能なのは嬉しいですね。
もちろん、その分料金はあがります。

しかし、これだけの変更で3,240円ならコスパも良いと思います。
先ほどのライト・スタンダードでも言いましたが、ネットショップの運用に時間をかけられるのであれば間違いなくギガの方が良いですし、それだけの投資はすぐに回収できると思います。



プラチナ

「プラチナなんてあったの・・・?」
その気持ち分かります。ちょっと見つけにくい場所にあるのですが、実はあるんです。

プラチナは大型店舗向けプランとして提供されていて、売上支援やカスタマイズを行ってくれるプランになります。

  • すぐにつながる担当者制
  • デザイン制作代行
  • コンサルタントによる集客・売上支援
  • 個別の機能開発

このように、ライトやスタンダード、ギガなどのプランではサポートしてない内容をトータルサポートしてくれるプランです。
個人的には「個別の機能開発」というのが優れているなと思っていて、これの一つにWordPressの導入があります。
「北欧、暮らしの道具店」のサイトなんかでも独自ドメインのディレクトリ内にWordPressを入れていて、そこで多くの記事を書いています。

それは結果的に集客や購入の後押しになりますし、ドメイン自体を強化する一助にもなります。

また、楽天などのモールのようにECコンサルタントもつくので、運営につまづいた時に売上UPの方法などを相談できるのは嬉しいですね。

まとめ

カラーミーショップはプランによって適している運営者層がはっきりしています。
どのプランでも売り上げをあげることはできますが、運営に避ける時間などを考慮して適したプランを選んでみてください。
「本気で売り上げを上げたい。そのためなら時間も惜しまない。」という方はギガ・もしくはプラチナの契約をオススメします。

カラーミーショップの申し込みはこちらから

-カラーミーショップ

Copyright© レンサバヒカQ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.