SEO対策

ペンギンアップデートとは

更新日:

自作自演リンクや業者から大量の被リンクを買い、行き過ぎたSEOを行うことで検索順位が大幅に下がったりペナルティーを受けるサイトが続出しましたが、それらはGoogleのペンギンアップデートによるものです。

簡単に言うと、ブラックハットSEOを行っているサイトの順位を下げ、ホワイトハットSEOを行っているサイトの検索順位を上げるために実施されたものが、ペンギンアップデートということになります。

ペンギンアップデートの背景にある"ブラックハットSEO""ホワイトハットSEO"については様々な定義があると思いますが、当サイトでは以下のように定義します。

  • ブラックハットSEOとは
  • 任意のキーワードで検索順位をあげることのみを目的として、本来の検索順位よりも高い順位を獲得するためにGoogleを騙すような手法を使って行われるSEO。主に自作自演リンクや業者からの被リンクの売買を指します。

  • ホワイトハットSEOとは
  • 任意のキーワードで検索した人にとって有益なコンテンツを作成することをめざし、尚且つ検索エンジンにとっても読みやすい内部構造にするための策を施すSEO。ユーザーと検索エンジンの双方に良い効果をもたらします。

それでは、ペンギンアップデートが行われた背景や意図を具体的にみていきたいと思います。

ペンギンアップデートが行われた背景

ペンギンアップデート以前のアルゴリズムの場合、検索順位の決定が被リンクに依存していたため、中身のないサイトでも大量の被リンクがあるように見せることで簡単に上位表示されることが可能でした。
いわゆるブラックハットSEOが通用していたのです。

Googleとしては、大量に被リンクがあるだけの、いわば価値のないサイトを検索結果に表示してしまうことは本意ではありません。
Googleの価値は検索サービスにありますから、そのことでユーザーが離れると広告収入などの収益もなくなってしまいます。

そこでブラックハットな手法でSEOを行っているサイトをユーザーの検索結果に表示しないようアルゴリズムを変更しました。

ペンギンアップデートの具体的な内容

ペンギンアップデートと言っても、Googleの社員が一つ一つ価値のないサイトを見つけているわけではありません。
あくまでもアルゴリズムのアップデートなので、そこには仕組みがあります。

ではどういう仕組みになっているのでしょうか。

これについては品質に関するガイドラインというものがあり、このガイドラインに違反するSEOを行っているサイトがターゲットになります。

ガイドラインの詳細は以下になります。

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった<悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

ペンギンアップデート以前は上記の手法も効果がありました。そのため、多くのSEO業者が現れたものです。
しかし、今となってはGoogleによってスパム判定されますし、最悪の場合インデックスから削除される可能性もあります。

まとめ

ペンギンアップデートについては以上になります。
ブラックハットが意味をなさないとは言いませんが、これからの時代、ブラックハットで上位表示を継続されることは出来ないと言っても良いでしょう。
一時的な上位表示を狙っているサイトもあるとは思いますが、やはりホワイトハットで有益なコンテンツを作る方が良いに決まっています。

検索順位は無理をしてあげるものではありません。
Googleからの適正な評価を得るために、意味のあるSEO対策をしていきたいものですね。

関連パンダアップデートとは

-SEO対策

Copyright© レンサバヒカQ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.