SEO対策

SEO内部対策の具体的な手法

更新日:

SEO対策には内部対策と外部対策があることをお伝えしたと思いますが、
今回はその中の一つであるSEO内部対策について具体的な手法を解説していこうと思います。

SEOとは』で少し話しましたが、SEO内部対策では、

  • クローラーの巡回頻度
  • クローラーのインデックス情報

の二つの改善が重要になります。
そのことを前提として具体的な手法の方へ進みたいと思います。

そもそも検索順位決定の仕組みとは?

Googleはクローラーというロボットに世界中のサイトを巡回させ、あるアルゴリズムによって順位を決定していますが、この決定までの仕組みはシンプルなものです。

  1. クローラーの巡回
  2. ページのインデックス
  3. 検索順位の決定

このシンプルな仕組みによって順位が決定しているのですが、この中で私たちが改善できるのは、「クローラーの巡回」と「ページのインデックス」になります。
つまり、SEO内部対策の具体的な内容としては、

  • クローラーの巡回頻度を上げる
  • インデックスされた情報を読みやすいように構造を整える

の二つになります。

ではこの二つの軸での改善を具体的にどのように行えば良いのかを書いていきたいと思います。

クローラーの巡回頻度を上げる

クローラーの巡回頻度を上げることがSEO内部対策に必要と言うことですが、なぜ必要なのでしょうか?
それは、クローラーは一度の巡回ですべての情報を見ているわけではないからです。
度重なる巡回の中でページの隅々までの情報を見てくれると思って頂ければ間違いありません。

そしてクローラーの巡回頻度を上げるための施策は下記になります。

  • クローラーを外から呼ぶ
  • サイト内の巡回をしやすくする

これだけみてもざっくりとしていて、いまいち理解できないと思いますので、
より具体的に説明していきます。

クローラーを外から呼ぶ施策

この言葉を見ると、
「結局外部リンクか」
となりそうですが、その通りです。

しかし、これはブラックハットSEOというわけではなく、あくまでもクローラーの巡回を促すための施策になります。
クローラーはリンクを辿って巡回するため、リンクが全く貼られていないサイトを見つけることは困難極まりないのです。
世界中には数えきれないほどのサイトがありますからね。

さて、被リンクは巡回促す一つの方法ですが、もちろんこれだけではありません。
XMLサイトマップといってクローラーのためのサイトマップが存在します。
このサイトマップを送信することで、巡回までのすスピードを大幅に短縮することが可能になります。
参考サイトマップ ページでサイトマップを管理する

送信方法はそれほど難しいものではないので、是非やってほしいと思います。
また、WordPressの場合、「Google XML Sitemaps」という便利なプラグインがあるので、インストールすることをオススメします。

サイト内の巡回をしやすくする施策

クローラーを自サイトへ呼び込むことに成功したら、次は自サイトをくまなく巡回してもらう必要がでてきます。
そのための具体的な方法は、

  • 内部リンクの改善
  • 巡回する必要のないページは巡回させない

になります。
もっと細かく分けることもできますが、忘れてしまっては元も子もないので、この二つをしっかりと覚えてください。

内部リンクの改善は、その名の通り、巡回できるようリンクを貼るということになります。
しかしむやみに貼りまくるというわけではありません。
必要なページに、不自然ではないアンカーテキストで、リンクを貼ることが大切です。

また、文章内のリンクだけでなく、パンくずリストやグローバルナビなどのナビゲーションテキストも内部リンク構造では非常に大切になります。

次に、巡回する必要のないページについてですが、サイト構成上必要だが、インデックスされる必要もないしページとしての価値も薄いページはクローラーに巡回させる必要がありません。
そのようなページを巡回させる時間があるならば、もっと価値のあるページを巡回してもらいましょう。

「インデックスされる必要もないしページとしての勝ちも薄いページ」と言われてピンとこない人のために例を挙げるならば、

  • サイト内検索結果の表示ページ
  • 404ページ
  • 自動生成されたページ

などになります。
ユーザーにとって価値のないものはクローラーにもユーザーにも見てもらう必要はないので、robots.txtやmeta要素でブロックしておくべきです。

クローラーのインデックス情報を適切なものにする

次は、クローラーに適切な情報をインデックスしてもらうための施策になります。
良いコンテンツも理解してもらえなかったら意味がありません。内部構造を理解して、適切に情報を読み取ってもらいましょう。

具体的には下記の改善をします。

  • 見出しタグ(Hタグ)を適切に使う
  • イメージタグ(imgタグ)を適切に使う

見出しタグ(Hタグ)を適切に使う

見出しはユーザーにとってもクローラーにとっても重要なタグになります。
見出しがあることで何が重要なのか理解できますし、格段に読みやすさが上がります。
見出しタグを文章構造を理解した上で適切に使うことで、一気にSEOが改善されるはずです。

イメージタグ(imgタグ)を適切に使う

これは人間とロボットの違いに注目すると明らかなことですが、ロボットであるクローラーは画像を理解することができません。
「画像がある」ということはわかりますが、「何の画像」かまでは理解できないのです。
そこで必要になるのでがalt属性の設定です。

altとは代替テキストのことで、画像のリンク切れや音声読み上げの時にも役立ちますが、
クローラーへの情報伝達手段でもあります。
少し面倒ではありますが、このひと手間でSEOが改善されるのならばやるべきでしょう。

まとめ

さて、ここまで駆け足でSEO内部対策について説明してきましたが、これだけで上位表示させることができるわけではありません。
これはサイトのコンテンツを見てもらい適切に評価してもらうための施策であり、コンテンツの質が大きな鍵を握っているのです。

あくまでもSEOの底上げをするという認識をもち、まずは良質なコンテンツを作るよう心掛けてください。

-SEO対策

Copyright© レンサバヒカQ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.