SEO対策

SEOで重要とされるインデックスが速いレンタルサーバーは!?

更新日:

Googleの検索結果が表示される仕組みは、

  1. クローラーの巡回
  2. インデックス
  3. サイト順位決定

になります。

インデックスはサイトのGoogleが持つサイトのデータベースに自分のサイトを登録してもらうということですが、もちろんインデックスされないと検索結果にも表示されません。
また、GoogleにはQDF(Query Deserves Freshness)という時事性が高いと思われるトピックに対して通常の検索語との関連性やリンクポピュラリティの評価によるランキング付ではなく、より新しい情報を検索結果上位に表示させようとするアルゴリズムがあります。
ですので、インデックスは速ければ早いほど良いということになります。

今回は"インデックスの速さ"という観点からレンタルサーバーを見ていきたいと思います。

インデックスの速いレンタルサーバー

このテーマに関する私の見解は「インデックスはレンタルサーバーによって変わらない」ということです。
SEOで重要とされるインデックスですが、レンタルサーバーによって速度が上がるということはありません。

他サイトではエックスサーバーが速いとの記載が見られますが、記事の更新頻度や前提条件などが違いますし、裏付けとなるものはありません。
また、インデックスの仕組み上、レンタルサーバーで速度が変わるのは考えにくいです。

ではインデックスの速度を上げるためにはどうすればいいのか。

これはGoogelのウェブマスターツールやWordPressであれば"Google XML Sitemaps"などのプラグインを使い、ページ更新の度にGoogleに知らせるのが良いでしょう。
また、記事の更新頻度や外部からのリンクを辿ってクローラーにきてもらう施策も重要です。

SEO内部対策の具体的な手法』でも述べているように、クローラーは一度の巡回でページの隅々まで見てくれるわけではありません。
SEOではクローラーの巡回頻度をあげ、インデックス情報を適切なものにしていく必要があります。

まとめ

レンタルサーバーによってインデックスの速度が上がることはありませんが、それはどのレンタルサーバーでも速度を上げることができるということです。
SEOの仕組みを理解して、そのために出来ることをやっていきましょう。

-SEO対策

Copyright© レンサバヒカQ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.