SEO対策

SEOとは

更新日:

近年では、TwitterやFacebookといったSNSが広まることにより、ソーシャルメディアマーケティングの重要性が叫ばれるようになりました。
それと同時に「SEOは死んだ」とも。

しかしながらそれは全くの誤解であり、SEOが死ぬことは非常に考えにくい事象です。
なぜなら、人の悩みはなくなることがなく、その悩みを解決するためにGoogleやyahooなどの検索エンジンを利用するからです。

Webマーケティングの世界において、SEO対策を無視することは死を意味するでしょう。もちろん、例外はありますが。

さて、前置きが長くなりましたが、今でも重要であるSEO対策をどうすれば成功させることができるのか。
これは多くの人が疑問を持っていますが、正しい絶対的な解がない問いでもあります。

しかし、世の中ではSEO対策を成功させる秘訣を自分の時間や労力を使って解き明かしている人がいます。
そして、その情報をこのインターネットの世界で共有までしてくれているのです。

私もインターネットの恩恵を受けて、これらの情報にアクセスしているわけですが、反対にアクセスできない人もいるわけです。
あろうことか間違った情報にアクセスしてしまう人も・・・。

そこで、当サイトではSEOの正しい知識をつけてもらうため、一つ一つ丁寧に解説していきたいと思います。
ただし、SEOに絶対はありません。Googleのアルゴリズムは日々進化していますし、ペンギンパンダが襲い掛かってくることもあります。
そのことを十分理解したうえで、吸収した情報を自分なりに活用して頂ければと思います。

では最初に、SEOについての説明から。

SEOの正しい意味とその対策

SEOとは"Search Engine Optimazation"の頭文字を取った言葉で、直訳すると「検索エンジン最適化」となります。
この言葉の通り、SEOとは検索エンジンの検索結果を最適化させるものになります。決して、運営者側のエゴで任意の記事を任意のキーワードで上位表示させることではありません。

Googleは任意のキーワードで検索したユーザーが求めるものを検索結果に表示することができるよう日々アルゴリズムを進化させています。
私たちは、ユーザーにとって価値のある(求めている)コンテンツを提供することで、Googleと共存していくことができるのです。

そしてその対策はいくつかの要素から成り立っています。
※対策という言葉の妥当性はそれだけで記事一つ書けてしまうので、ここでは議論を控えます

SEOの内部対策と外部対策

SEOは大きく分けて2つに分けられます。内部対策と外部対策の2つです。
それぞれの説明をしていきましょう。

SEO内部対策

内部対策はホワイトハットSEOともいわれますが、これはイコールではありません。内部対策でもブラックハットはありますし、逆に外部対策にホワイトハットもあるからです。

さて、内部対策の具体的な中身に触れていきたいと思います。
内部対策の大きな軸は二つ、

  • クローラーの巡回頻度
  • クローラーのインデックス情報

この二つを改善することが内部対策で必要なことになります。

その理由はクローラーの行動と検索エンジンの仕組みを見れば明らかですが、
Googleは次のように検索結果を表示しています。

  1. クローラーの巡回
  2. ページのインデックス
  3. 検索順位の決定

そう、たったこれだけになります。
難しく考えてしまいがちですが、実は非常にシンプルな構造になっているわけです。

内部対策は「クローラーの巡回」と「ページのインデックス」を最適化することで解決します。

参考SEO内部対策の具体的な手法

SEO外部対策

外部対策はあまり良いイメージを持っていない人も多いかもしれませんが、決して"悪"ではありません。
業者によりスパムリンクやペンギンアップデートによる順位格下げによるイメージだと思いますが、やはり被リンクは検索順位決定の重要な要素であることは間違いありません。

外部対策は「いかに被リンクを集めるか」になります。

言い方に語弊があるかもしれませんが、業者にから大量の被リンクを買うことを勧めているわけではありません。
TwitterやFacebookなどにおける被リンク(ソーシャルシグナル)を得ることも一つですし、純粋に良いコンテンツが拡散されることによって得られる被リンクも含めます。

もっと言えば、外部対策は質の良い被リンクを大量に集めるための施策になります。


ここまでSEO対策の意味と大雑把な枠組みを説明しました。
詳しい施術や具体的な手法には触れませんでしたが、なんとなく大きな枠組みを理解してもらえたのでしゃないでしょうか。
SEO対策は難しそうというイメージが強いかもしれませんが、仕組みはシンプルです。それらを理解した上で、より良いコンテンツを作ることがSEOを制する唯一の方法だと私は思っています。

-SEO対策

Copyright© レンサバヒカQ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.