ヒカQブログ

レンタルサーバーの選び方と注意点

更新日:

ここではレンタルサーバーを選ぶ時の注意点を書いていきます。
初めてレンタルサーバーを契約する人はどのレンタルサーバーが良いのか分からず不安ではないでしょうか。

"良い"レンタルサーバーとは人によって答えが異なるものですので、選ぶポイントをしっかりと理解したうえで最適なレンタルサーバーを選びましょう。

最適なレンタルサーバー選び

何においても同じことが言えますが、レンタルサーバー選びでも"目的"が重要な判断材料になります。自分が作ろうとしている(もしくは作りたいと思っている)Webサイトの目的達成が出来るかどうかです。

例えば、一ヶ月100万PVあるサイトを作ろうとしているのにディスク容量の小さい格安レンタルサーバーを選ぶのは得策とは言えません。
逆に、個人でやっているお店紹介のためのサイトを作るのに、月額3,000円もするハイスペックなサーバーは必要ありませんよね。

ですので、目的を明確にして選ぶ必要があります。

しかしながら、初心者の方はそれでも自分が求めているレンタルサーバーがどれなのか選ぶことが出来ないのではないでしょうか。
大丈夫です、私も最初はそうでした。

そこで、今回は一つ一つ抑えておくべきポイントを明確にして、初心者の方でも安心してサーバー選びができるようにしていきたいと思います。
是非参考にしてみてください。

ポイント1.Webサイトの規模

まず最初はWebサイトの規模の大きさが重要になります。
レンタルサーバーには大きく分けて5種類あるのですが、その中の3つにフォーカスして説明していきます。

  • 共用サーバー
  • 専用サーバー
  • VPS

共用サーバーについて

共用サーバーは多くの方が借りることになるであろうレンタルサーバーになります。
一つのサーバーの一部を借りるような感じになるので、同時に多くのユーザーのアクセスがある大規模なサイトにはあまり向いていません。(とはいってもほとんどの場合共用サーバーで事足ります)
個人のブログや会社・お店の紹介サイトなどは比較的小規模なサイトになるので、共用サーバーが向いています。
当サイトでは、主にこの共用サーバーの紹介をしています。

参考共用サーバーを使うメリットとデメリット

専用サーバーについて

専用サーバーはその名の通り、一台のサーバーを独占できるレンタルサーバになります。
共用サーバーとは異なり、一台を独占することができるため、大規模なサイトに向いています。

しかしながら、独占できるだけあって専門的な知識も必要になります。大規模サイトの運営をする方は専門的な知識も身に着けて専用サーバーを借りることをおすすめします。

参考専用サーバーを使うメリットとデメリット

VPSについて

VPSはvirtual private serverの略称で「仮想専用サーバー」を指します。
イメージとしては共用サーバーと専用サーバーの間のレンタルサーバーだと思ってください。

実質的には共用サーバーですが、それぞれのユーザーに管理者権限が与えられるため、共用サーバーながらも専用サーバーのようなパフォーマンスを発揮させることが出来ます。
専用サーバー並みのパフォーマンスを発揮させることができるので、こちらも大規模サイトに向いているレンタルサーバーになります。

参考VPSを使うメリットとデメリット


3種類のレンタルサーバーにフォーカスして説明をしましたが、現在では共用サーバーのパフォーマンスも高くなっていることもあり、多くのサイトが共用サーバーで運営されています。
ほとんどの場合は共用サーバーで事足りますので、特別な理由がなければ共用サーバーをお選びください

ポイント2.求める機能・サービス

次は求める機能やサービスについてです。
上記のポイント1でおおまかな種類は決定したと思うので、ここでは具体的なサーバー会社まで絞っていきましょう。

  • ディスク容量
  • 転送量
  • マルチドメインの設定
  • メールアカウントの設定
  • 利用可能プログラム
  • サポート

ディスク容量

ディスク容量とはハードディスクの容量のことを指します。パソコンにもハードディスクが搭載されていると思いますが、容量が大きい方がたくさんのデータを保存できますよね。
ですので、レンタルサーバーの場合もディスク容量が大きければ大きいほどたくさんのデータを保存することができます
ここでいうデータが何を指すのかが気になるところだと思いますが、HTMLファイルなどのテキストデータや画像や音楽などあらゆるものがデータになってサーバーに保存されます。
例えば、サイトで自分の歌を配信する場合など、ダウンロードしてもらうためにはサーバーに音楽データを保存しておく必要があります。

ディスク容量が大きれば良いのは間違いありませんが、その分料金が高くなることがほとんどです。
最初はそれほど大きくないプランで契約して足りなくなってきたら容量の大きいプランに変更するのが得策ですね。

転送量

転送量とはサーバーとユーザーの間で転送できるデータ量を指します。
主に、Webページを閲覧する時に設置されたサーバ側か送られるデータ量のことになりますが、これ以外にもメールの送受信やFTPでのファイル送受信などもこれに入ります。

転送量は一つ一つの通信の際に転送できるデータ量ですが、これはアクセスが集中した時にサーバーに負荷をかけないようにするために上限が設定されています。
ですので、「同時アクセスがどれぐらいあるのか」「転送データは大きいのか」などが判断基準になります。
503エラー500エラーの原因でもあるので注意が必要です。
これもディスク容量と同じで、最初はそれほどアクセスもないと思うので、標準のプランで契約し、多くのアクセスが見込めるようになった段階で上位プランに変更するのが良いかと思います。

マルチドメインの設定

マルチドメインの設定は独自ドメインの設定のことになります。
独自ドメインは多くの人が憧れるものでもあると思いますし、独自ドメインならではのメリットもあります。無料ドメインの場合、それらはあくまでも管理会社のドメインになります。自分がどれだけ記事を更新しても、どれだけコンテンツを作成しても、会社次第でなくなってしまう可能性もあります。

そのリスクを避けるという意味でも、独自ドメインは設定できるに越したことはないはずです。
最近ではマルチドメインの設定がほとんどのサーバー会社で搭載されています。

メールアカウントの設定

メールアカウントの設定はドメインを使ったメールアドレスを作れるかどうかを指します。
例えば、"info@rensabahikaku.net"はrensabahikaku.netという独自ドメインを使用したメールアドレスになります。
これらを利用して会社のメールアドレスや社員のメールアドレスも作成することができます。
Gmailなどの無料メールアカウントも便利ですが、自分だけのメールアカウントも持っておくと良いですよね。

利用可能プログラム

これはWordPressやECCUBEなどのプログラムが利用可能かどうかを指します。
近年ではWordPressでWebサイトを作る人も増えたため、簡単インストール機能などがついているサーバー会社も多いですね。
しかし、プランによってはデータベースが利用できずプログラム系のインストールが不可のものもあるため、そこの見極めは必要になります。

サポート

サポートは初心者の方が気になるポイントだと思います。
分からないことをすぐに聞ける体制があるのとないのとでは天と地の差ですね。
サポートが充実しているのは昔からあるサーバー会社に多いです。もちろん今では多くのサーバー会社がサポートに力を入れているため、どこのサーバー会社でもある程度のサポートは期待できます。


機能・サービスは一番悩むポイントだと思いますが、一般的な機能はほとんどのサーバー会社に搭載されています。
特にWordPressの利用などはロリポップロリポプラン(月額270円)でも利用可能です。
上記でも何度か言っているように、最初は中間ぐらいのプランを契約し、後から上位プランに変更というのが一番無難な選択ではないでしょうか。
ますはお試し期間なども利用し、使ってみましょう!

オススメのレンタルサーバー

ロリポップロリポプラン

wordpressを始めたい人におすすめの格安サーバーです。簡単インストール機能も搭載しているため、データベースなど難しいことは分かる必要がありません。ディスク容量や転送量はそれほど大きくないため、大規模サイトの運用は向いていませんが、小規模サイトを運営する上で問題はありません。またwordpressの勉強のためのサーバーとしてもおすすめできます。



初期費用 月額費用 容量 お試し期間
1,620円 270円 50GB 10日間無料
MySQL マルチドメイン サポート WP簡単インストール
1個 50個 メール・チャット対応 有り

ロリポの申込みはこちら

エックスサーバー

高速・多機能・高安定性の三拍子が揃ったレンタルサーバーです。稼働率99.99%以上の高い安定性を誇っているため、急なアクセス増加にも耐えることができる仕組みになっています。
当サイトもエックスサーバーを使って運営させて頂いています。MYSQL30個まで利用可能かつマルチドメインは無制限ですので、wordpressなどを使ってサイト運用を考えている方にもオススメです。
もちろんwordpressの簡単インストール機能も備わっているのですぐにサイト運用をしていただけます。



初期費用 月額費用 容量 お試し期間
3,240円 1,080円 200GB 10日間無料
MySQL マルチドメイン サポート WP簡単インストール
30個 無制限 電話・メール対応 有り

エックスサーバーの申し込みはこちら

ロリポップチカッパプラン

チカッパはロリポップの上位プランとして提供されています。
月額費用が540円と低価格のサーバーではありますが、ディスク容量120GBあり十分の能力を発揮してくれます。MySQLも30個まで、マルチドメインも100個まで使用可能ですので、wordpressを使ったサイトの運営や複数サイトの運営も可能です。エックスサーバーに劣る点はありますが、費用を抑えたいのであればチカッパがオススメです。



初期費用 月額費用 容量 お試し期間
1,620円 540円 120GB 10日間無料
MySQL マルチドメイン サポート WP簡単インストール
30個 100個 メール・チャット対応 有り

チカッパの申込みはこちら

-ヒカQブログ

Copyright© レンサバヒカQ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.