ヒカQブログ

レンタルサーバー選びで重要な「503エラー」の原因と対処方法

投稿日:

当サイトでは、オススメのレンタルサーバーの紹介をしていますが、レンタルサーバーを選ぶ上で知っておかなければならないことがあります。
「色んなサイトでオススメされているレンタルサーバーだから大丈夫でしょ」と安易にレンタルサーバーを決めてしまうのは危険です。
レンタルサーバーに関する正しい知識を身につけた上で、自分の運営サイトの目的を達成できるレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

さて、レンタルサーバーを選ぶ上で知っておかなければならないこととは、
「503エラー」についてです。
このエラーは発生していることに気付きにくく、それによって多くの機会損失を出している可能性のある恐ろしいエラーです。

今回は、この「503エラー」に焦点を当てて、その原因と対処方法を書いていきます。
知識があるのとないのとでは、サーバー契約後の運用にも差が出ます。
この機会に基礎知識を身につけておいてほしいと思います。

「503エラー」とは

「503エラー」を見たことがある方は少ないかも知れませんが、Webサイトを開いたときに「503 Service Unavailable」「Service Temporarily Unavailable」が出ると、それは503エラーを指すことになります。

503エラーはレンタルサーバー側が一時的にサイトへのアクセスを止めるものになりますが、なぜわざわざそのようなことをするでしょうか。
これでは、せっかく集客に成功していても意味がありません。ただの機会損失になってしまいます。

もちろんですが、レンタルサーバー側もいじめるためにやっているわけではありません。
これには理由があり、この理由を知っているとレンタルサーバーを選ぶときの意識が変わるかもしれません。

発生する理由

  1. サイトへの瞬間的なアクセス増
  2. サイトに構造より1つのアクセスで複数のセッションが発生

理由はこの二つになります。

共用サーバーの多くは、「同時アクセス数の限界値」を設けています。
共用サーバーは1つのサーバーを複数人で使用するモデルなのですが、転送量に制限をかける理由はここにあります。
「転送量」についてはなんとなく分かるという方が多いと思いますが、制限をかけることで、なるべく限界値を突破しないようにしています。

一つのサーバーで複数のサイトのアクセスを処理しているので、1つのサイトからのアクセスが瞬間的に増えると、処理に追われ他のサイトにも迷惑をかけることになります。
そのため、制限を設けることでサーバーの公平性のようなものを保っているということです。

「503エラー」の発生に気付くことは難しい

503エラーは瞬間的なアクセスの増加などによって表示されるものなので、一時的にエラーが出ていてもなかなか気づくことができません。
また、GoogleAnalytics(GA)などを見ても503エラーが表示されていたことはわかりません。

というのも、GAはサイトを読み込むことでそのセッションを記録していますが、503エラーの場合サイトを読み込むことがありません。
なので、503エラーが表示されたセッションはGAで取得しておらず、なかったことになっています。

「503エラー」の対処方法

  1. 良い共用サーバーを使用する
  2. 専用サーバーを使用する

503エラーの対処としてはこの2つが主なものになります。
要するに、"良い"サーバーを使用するということです。

"良い"という抽象的な言葉では分からないと思いますが、言い換えると「安くないサーバー」ということです。
共用サーバーは1つのサーバーは複数人で使用することは伝えましたが、その構造上、安い共用サーバーはかなり多くの人を格納しているサーバーになります。
安いなりに理由はあるということですね。

逆に、料金の高い共用サーバーは、1つのサーバーを複数人で使用することは変わりませんが、比較的少ない人数を格納していることになります。
ただ安いだけのレンタルサーバーは大きなアクセスに耐えることができないので、そこを考慮してレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

まとめ

ここまで読んだ人は「安いレンタルサーバーは駄目なのか」と思うかもしれませんが、決してそうではありません。
あくまでも「安いだけ」のレンタルサーバーが良くないのです。

その見極めポイントは非常に難しいと思いますが、当サイトではオススメランキングやそれぞれの特徴をまとめたページなどがあるので、そちらを参考にしていただければ間違いないと思います。
また、レンタルサーバーには「フェーズ」があることも理解しておく必要があります。

例えば、最初からハイスペックな専用サーバーを借りることはオススメしません。
サイトを運用し始めてすぐにアクセスが集まるわけではありませんので、その期間、高いレンタルサーバーを使用することは得策ではありません。
初めはエックスサーバーのようにコスパが優れたレンタルサーバーを契約し、それから503エラーが出るぐらいのアクセスになり始めたら、ハイスペックなCPI共用サーバーなどに乗り換えるのがベストではないでしょうか。

何にせよ、「サイトを運用する目的」を見失わず、その目的を達成することができるレンタルサーバーを契約することが大切です。
レンタルサーバーはサイトの地盤になるものなので、ここが不安定だとサイトも崩れてしまいます。
当サイトで一つ一つのレンタルサーバーの特徴を見て、自分に合ったレンタルサーバーを選んでくださいね☆

-ヒカQブログ

Copyright© レンサバヒカQ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.