ヒカQブログ

共用サーバーを使うメリットとデメリット

更新日:

当サイトでも多数取り上げている共用サーバーですが、今回はそのメリット・デメリットについてです。
格安のサーバーやスペックが高いサーバーがありますが、その違いも分かってもらえると思います。

共用サーバーのメリット

  • コストを抑えることができる
  • 多くの共用サーバーがあるため自分好みのものを選べる
  • レンタルしてすぐに使用可能
  • サーバー周りの知識が不必要

共用サーバーは初心者でも利用可能なレンタルサーバーです。
専用サーバーの場合、サーバー周りの知識が必要不可欠になりますが、それが必要ありません。

また、多くの会社から提供されているため、比較・検討することが可能です。

共用サーバーのデメリット

  • 1つのサーバーに複数の契約者がいるため、他の影響を受けやすい
  • 格安の場合、大規模なアクセスに耐えられない可能性が高い

共用サーバーは比較的安く利用できますが、それは共用サーバーのビジネスモデルにヒントが隠されています。
共用サーバーは1つのサーバーを複数の契約者で利用することで、費用を抑えることが出来ています。
専用サーバーは自分一人で利用できるので、料金が高いですよね。

そして、複数人で利用するということは、他の影響を受けやすくなりますし、逆に他に迷惑をかけないようにするための制限や規制が多くなります。
そのため、大規模なアクセスには耐えられないような仕組みになっていたりと不便を強いられることがあります。

めとめ

共用サーバーは他の契約者と共存する必要があるため制限が多いですが、その分安く利用できます。
最近ではサーバーのスペックも良くなっているので、エックスサーバーCPI共用サーバーなどで不便を強いられることはほぼないです。
安すぎるレンタルサーバーは、1つのサーバーはかなり多くの人で利用している可能性があるので、安さだけで選ぶのは危険だということを理解しておくと良いでしょう。

-ヒカQブログ

Copyright© レンサバヒカQ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.