ヒカQブログ

「403エラー」って何?サイトがちゃんと表示されないときの原因と対処法

投稿日:

403エラーのキャプチャ画像

最近、ロリポップのチカッパに独自ドメインでサイトを作ったんですが、最初「403エラー」が表示されました。

「なにこれ!?」
「よくある質問集見ても分からない」

って感じであたふたしたので、忘備録がてら対処法を残しておきたいと思います。

同じように困っている方の一助になれば幸いです。

「403エラー」とは

まずは403エラーの概要から。
「403エラー」はHTTPSステータスコードの一つで、簡単にいうと「ページはあるけどあなたには見せられませんよ」ってことを指しています。
ただのいじわるです。

これの原因は色々考えられるので一つずつ説明していきます。

一番多い原因は.htaccessファイル

そうなんです。今や多くのサイトがWordPressで運営されていますが、WordPressにはデフォルトで.htaccessファイルが含まれています。
この設定がよくあるパターンです。このファイルはアクセス制限やリダイレクトの設定が出来るファイルになりますが、このファイル内の書き込みを修正することで直る可能性が高いです。

DNS設定が反映されていない

今回、私がやられたパターンはこれでした。
「せっかちだった」というだけですね。(笑)

独自ドメインをサーバーに追加した場合、DNS設定が反映されるまでに時間を要します。
(時間はバラバラですが、平均2日間ぐらいです。早い場合はすぐです。)

私の場合、すぐにサイト制作に取り掛かりたかったこともあり、鬼の速さでDNS設定やらを済ませました。しかし「403エラー」の表示。
.htaccessの設定もなにもWordPressインストールしてなかったので原因が全く分かりません。
分からないまま放置していたら、解決していました・・・

「なるほど。DNS設定か」と思いましたね。これで一安心です。

まとめ

403エラーの原因の多くは.htaccessファイルの設定ですが、私のように、ただDNS設定が反映・浸透していないだけの可能性もあるということです。
この場合は待つしかないので、辛抱ですね。

-ヒカQブログ

Copyright© レンサバヒカQ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.